トップ >   >  見て楽しむ
 
  ■ 能勢妙見山

能勢頼次公によって慶長10 年(1605)創建。多くの人が参詣に訪れるお寺です。山頂(標高660m)付近には、「星嶺」という紋章をかたどった、木とガラスの殿堂があります。また、山頂から大阪を望む景色は絶景です。

 
  ■ 浄るりシアター
 

ロビーにて、浄るりの映像発信や展示などを行っています。浄瑠璃に関する展示物や、公演のビデオを見ることが可能です。また、ホールでは毎年6月に浄瑠璃の公演を行っているほか、コンサートや講演会なども行っています。

 
  ■ 能勢さとやま創造館

豊臣秀吉、千利休も愛用したと言われる茶道用炭、能勢菊炭(池田炭)の生産・加工・販売をしています。炭焼きの季節は12月〜4月くらいまで。この季節には、現在ではほんの数件になってしまった能勢名物の希少な炭焼き風景をご覧いただけます。大阪・京都より車で約1時間。団体見学の受け入れも行っております(有料・要予約)